Entries

ツイッター便利www!!

そんなわけで、2/13から新たに「twitter」を始めてみました。
こりゃいいや。
「雑記」書くにはちょうどいいね!

ということで、今後、

・雑記・お知らせ → twitter
・お勉強内容 → ブログ

と、住み分けしようかと思います。
(ブログが一向に更新されなくなったりしてwww)

↓ということで、よろしくお願いいたします。 m(_ _)m




【クイズ】
患者さんは痛がって悶絶しているのに、周辺にいる医療従事者は何事もないかのように普通に事務仕事している所って、どーこだ??


昨日、当直していたわけですが、ふと思った。
産婦人科医歴20ウン年にもなって今更ですが。
分娩室ではそれが日常の光景になっているわけです。
歯医者じゃ絶対にありえないわな。

ドクター『I』も、田舎で研修してい若かりし頃、麻酔科研修に行き、硬膜外麻酔挿入を叩き込まれ、無痛分娩やってました。
夜でも日曜でも、普通に硬膜外入れてました。

そういえば東京来てビックリしたこと。
硬膜外入れられる産科医がほとんどいないことにちょっとカルチャーショックでした。

昨日、ふと妙な衝動に駆られた。
「無痛のお産」広めに行きたい!
若かったら飛び出していただろうなぁ。
そういう意味では年を取ったものだ。
(しみじみ)
でも、まだ「これやりたい!」って衝動に駆られることもあるのよ。
スポンサーサイト

コメント

[C344] Re: 御礼

(無痛は流石にやってませんが)お産、当直で普通に当たってますよ。
タイミング~人工授精で卒業した方のお産は何回か当たりましたが、何と今の所「体外・顕微」でご卒業の方のお産には、奇跡的に当たっていないのです(ニアミスはしょっちゅうなのですがwww。僕が行く直前に生まれたとか、終わってクリニックに戻ったころ生まれたとか。)
(予定通り??)3人目も頑張ってください!
  • 2018-03-01 18:40
  • ドクターI
  • URL
  • 編集

[C343] 御礼

無事、元気な女の子を出産しました!
ヤフーメールの方にご連絡させていただいたのですが、そちらはあまりご覧になっていないとのことでしたので、こちらでもご報告させていただきます。
(ご覧いただけていましたら、重複、失礼いたしました)

お世話になり、誠にありがとうございました!

無痛分娩!ドクターI先生は、今はやってらっしゃらないですよね?お産どころじゃなく、ものすごくお忙しいですもんね。
もしやってらしたら、次回!何卒!お願いしたいところですが・・・!
「無痛のお産」って、夢のようですね・・・
  • 2018-03-01 13:43
  • K
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター