Entries

あと一歩だけ前に進もう

本日3月5日は、ドクター『I』の誕生日であります。
尤も、この年になると、誕生日などというものはめでたいものではなく、確実に「死」に近づいていることを意味するわけですが・・・。

何歳になったのか?www。
すでに織田信長公が本能寺の変に遭遇した年齢よりも生きております。
歴史小説などでは「尾張のおおうつけ」等と評されておりますが、ああ、この年ですでに全国統一を正に成し遂げん、としていた、と思うと、やはりとんでもない天才なわけで。
「おおうつけ」の足元にも及ばない自身の器の小ささに無力感さえ感じるわけです。

まあ、ドクター『I』も、もういつ死んでも構わない、という覚悟はできている(?)つもりでいるわけですが。

そんな、本日の心境はこんな感じでしょうか?



ずっと探していたし理想の自分って もうちょっとカッコ良かったけれど
僕が歩いてきた日々の道のりを 本当は『自分』って言うらしい


有名な曲なので解説は不要かと。
ああ、僕も「プロフェッショナル」になれているだろうか?

「本能寺の変」、その時が来るまでずっとこうでなければいけないのでしょう。

「あと一歩だけ前に進もう」




follow me!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター