Entries

今年最後の仕事?!~「内膜症予防のピル」啓蒙活動

不妊治療の現場で遭遇するシーンの多い状態に「子宮内膜症」があるわけです。
超音波で見ただけで僕の方が痛くなってしまう??位の内膜症の方。
お若いうちに手術→卵巣予備能低下、下手すると早発閉経!などという方の涙も何回も見てきました。

「タイムマシンがあるなら、手術前日に戻って『その手術受けちゃダメ!』って当時の私に言いたい」

という非常にショッキングな言葉も聞いたことがあります。

なってみて初めて分かる内膜症の辛さ。
おそらく、

「タイムマシンがあるなら、若い時の私に『ピル飲んどけ』って言いたい」

という人もきっと多いと思います。
「ピル飲んでたら防げたかも」

一方で若い人は、そんな「子供を生む時」なんてなかなか思わなかろうし、まして「不妊」なんて想像もしてないでしょう。
でも、「若い時に判断しておく」って大事なんですよね。

ドクター『I』は、そんなわけで「妊活準備」という視点での啓蒙活動も行いたいな、と思っているわけです。

内膜症、「その手術ちょっと待った!」
生理痛、「本当に放っておいていいの?」

運動を展開しておるわけです。


そんな中、たまたま薬剤師さん向けの雑誌で婦人科の薬物療法について連載を書いてほしい、という依頼をいただき、現在掲載中なわけですが、そこでピルをまとめておりました。
で、ついでなら、ということで、同時進行で「ピルのホームページ」を作ってもらっていました。

↓すごいいい感じに出来上がっています!(リンク先、ご覧ください!)



こんな感じで、いろんな手法を用い、インフォームを行っていきたいわけです。


ああ、そうだ。
「年齢因子」の情報提供はこちら。
あと数席空きがございますので是非。
↓↓↓
★公開勉強会:「38歳からの不妊治療~年齢因子の正体を探る」★
ご興味のございます方の御参加をお待ち申し上げております。
  • 2018年12月24日(月・祝) 10:30~12:00 「クリニック内」
【予約法】 クリニックHP「お問い合わせ」フォームよりご予約下さい。
(参加人数をご明記ください!)


ツイッターでも常時情報提供中だったwww
↓↓↓
follow me!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター