Entries

Reproductive Healthの管理も自己責任の時代になりつつあるわけで(11)

とりあえず学会用のスライド完成!
続き。

【Contraceptive use(避妊)】
  • コンドーム使用習慣・経口避妊薬使用既往が、(その後の)妊孕性温存に有効であるとする報告はおおい。
  • Revontaらの2010年の報告によると、不妊女性では、過去に経口避妊薬を使っていなかったケースが多く、避妊もあまり行って来なかったケースが多いと報告している。
  • ある報告によると、(妊娠を考えてから)実際の妊娠成立までにかかる時間は、コンドーム使用習慣者が最も短く、次いで経口避妊薬使用者、最も長いのがコンドームも経口避妊薬も使用しなかったケースとの報告がある。
  • これらの理由として、コンドームは性行為感染症予防効果が、経口避妊薬は子宮内膜症/骨盤腹膜炎予防効果があるものと推察されている。
【Doctor visits(医者にかかる頻度)】
  • 定期的に健診を受けている場合、不妊になる率が低いようだ。
  • 男性では、性機能障害や感染症で受診する率は少ない。
  • 女性では、定期的に子宮がん検診を受ける習慣のある人は、不妊になる率が低い。
  • 「自分自身が健康である!」と言い切れる人は、不妊である確率が低い。

とのことです。
どちらもあまり異論はないですかね。
昔、知り合いの大先輩(今は超偉い先生)いわく、
「人類を滅亡させるのはきっとクラミジアだ!」
との発言を聞いたことがあります。
どこまで本気だったのかは測りかねましたが、おっしゃりたいことはそういうことです。
クラミジアの蔓延→骨盤内癒着→不妊
の図式が大問題だ、と言いたかったわけです。

確か、直近のデーターでは一時猛威を振るったクラミジアは、少し落ち着いてきているという状況だったと思います。
ピルは直近騒ぎになっているのはご存じの通りですので、コメントは控えておきます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/91-b73da7f5

トラックバック

コメント

[C34] Re: タイトルなし

さつきさん

コメントありがとうございます。
えっと、「直近の騒ぎ」については、本ブログのカテゴリーの「その他」の所に記載してありますのでご参照下さい。
また、非公開の方の内容も拝見いたしました。
確かに「非公開」の方が良さそうな内容ですので、もしよろしければ、左にリンクしてある「妊活外来へようこそ」のページの一番下にメルアドを記載してありますので、捨てアドからでOKですので、メール下さい。
週末まで出先ですので、お返事遅くなりますが、必ずお返事いたしますので。
ご本人確認のため、「非公開」でお書き頂いた内容のあらすじを送って下さいね。お待ちしております。
  • 2013-11-14 14:10
  • どくさま@新幹線移動中
  • URL
  • 編集

[C32]

すみせん、操作ミスで非公開でコメント書いてしまいました。
申し訳ありません。

それから、ピルも10年ぐらい飲んでいたのですが、「騒がせている」のですか?初めて知りました。
  • 2013-11-14 13:14
  • さつき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター