Entries

体外受精とビタミンD (2)

さて、今日はこちら。
で、体外受精を受けている方の、血中および卵胞液中のビタミンD濃度と体外受精の成績を見てみた、という論文。

んで、なんと、結果が下図。



この先生たちは、

Our results have shown that the vitamin D levels in the ff were negatively correlated to the quality of embryos and the higher values of vitamin D were associated with lower possibility to achieve pregnancy.

と述べています。
つまり、
卵胞液中のビタミンD濃度が高くなると、(逆に)胚質が悪くなり、妊娠率が低下する!
と言っています。

It appears that ff vitamin levels, out of the normal range, have a negative impact on the developmental capability of embryos.

正常範囲を越えてはだめだ、と。

つまり、モニタリングせずにサプリメント飲んで補っているだけでは逆効果になっている可能性がある、と。
まさに「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですね。

ということで、この論文は「赤」にしておきます。


follow me!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター