Entries

Reproductive Healthの管理も自己責任の時代になりつつあるわけで(12)

さて、通常モードに戻して、続き

【Clothing:衣服】
  • 男性が選ぶ衣類はReproductive Healthに影響するかもしれない。
  • 陰嚢温度の上昇が精子形成・精液検査所見に悪影響を及ぼすという点があるからだ。
  • その観点から、ピッタリとフィットするタイプの下着が本当に陰嚢温度を上昇させ、精液検査所見に影響するのかについて長いこと議論されてきた。
  • 現在までに、ピッタリとフィットするタイプの下着が、ダボダボの下着や下着を身に着けない場合に比べ温度が上昇することが報告されている。
  • 、6か月間ピッタリとフィットするタイプの下着をはいてもらい、その後6か月間ダボダボの下着を身に着けてもらうという実験結果が報告されている。
  • この研究では2週間ごとに精液検査が行われている。
  • その結果では、50%の精液検査所見の有意な悪化が認められた。
  • このように、下着が陰嚢温度上昇に影響する、という報告もあれば、逆に全く認められないとする報告もある。

ということで、よく都市伝説的に語られている「ブリーフはだめ、トランクスがいい。」という話、実は、エビデンスレベルとしては全然結論に至っていないようですね。
トランクスの方がいいという意見もあれば、どっちも変わらないという意見もある。
なので、とてもとても「推奨」レベルではなさそうです。

そんなわけなので、本ブログでは
「苦痛でないのならトランクス」
位でしょうかね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/94-a317f615

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター