Entries

勉強するぞ!(3)

【プロゲステロンの経口投与】プロゲステロンを経口投与した場合=first pass effectによりほとんどが不活化されてしまう。micronized progesterone:経口投与されても血中濃度を維持できる。ヨーロッパではHRTにエストロゲン+micronized Pが使われることが多いが、プロゲスチンと異なり、乳がん発生率が上昇しなかった。ARTでの経口使用は?・・・低い妊娠率と高い流産率より推奨されていない(Progesterone supplementation dur...

勉強するぞ!(2)

ジドロゲステロン(デュファストン)プロゲステロンの光学異性体抗ゴナドトロピン作用がない体温調節中枢に反応しないアンドロゲン作用がない【17-アセ卜キシプロゲステロン誘導体】MPA(ヒスロン)プロゲステロンにメチル基と酢酸基がついたものエストロゲン作用はほとんどなく、抗エストロゲン作用はプロゲステロンの約100倍、アンドロゲン作用はプロゲステロンとほぼ同程度抗ゴナドトロピン作用はあるクロルマジノン酢酸エステ...

勉強するぞ!(1)

ドクター『I』、薬剤師さんの雑誌で解説ページを書くってよそんなわけで、ちょっとお勉強。以降は僕の個人的なノートです。エストロゲン:estrus(=ギリシャ語で「発情する」)+gen(=「生じる」)エストロゲンはエストロゲン活性を有する化学物質の総称プロゲステロンは「(天然型)プロゲステロン」という化学物質の名前なので、エストロゲン・プロゲステロンと併記するのは本当は違和感がある。【エストロゲン】 エストロン...

日赤産婦人科「送別会」にて

さて、そんなわけで、ドクター『I』は現在でも日赤産婦人科の会にお声かけして頂けております。有難いことです。そんな中、何人かの先生がこの春、新天地に向かう、ということで送別会にお呼ばれしましたので、昨日行ってきました。Y先生、彼が来たのは5年前の正月でした。当時には想像も及ばなかった「腫瘍専門医」を目指しているとのこと、取れそうなんですか?wwwお疲れ様でした。雪国で凍死しないように!I先生は僕が開業した...

あと一歩だけ前に進もう

本日3月5日は、ドクター『I』の誕生日であります。尤も、この年になると、誕生日などというものはめでたいものではなく、確実に「死」に近づいていることを意味するわけですが・・・。何歳になったのか?www。すでに織田信長公が本能寺の変に遭遇した年齢よりも生きております。歴史小説などでは「尾張のおおうつけ」等と評されておりますが、ああ、この年ですでに全国統一を正に成し遂げん、としていた、と思うと、やはりとんでも...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター