Entries

無月経、やります!(9)

こんなっしー(←すぐ感化される)さて、今日は、予告通り「月経中のホルモン採血(基礎値)は、なぜFSH>LHなのか?」に迫ってみたいと思います。参照する論文はこちら。GnRH pulsatility, the pituitary response and reproductive dysfunction.です。まず、そもそもの話。脳下垂体からゴナドトロピン(FSH/LH)を出させるのは、視床下部のGnRHニューロンの仕事でしたね。GnRHニューロンが、GnRHという物質を使って、下垂体に命令...

無月経、やります!(8)←プロラクチンの話の続き!

そんなわけで、話を続けたいのですが、もうプロラクチンのみの話ではなく、月経不順全般についての話になっているので、ブログのカテゴリを「プロラクチン」から「月経不順」に移動します。急にこのページに飛んできて、話が通じない方は、以下順にお読みいただき、「キスペプチン」及び「キスペプチンニューロン」というのが何なのかを理解してきてください。プロラクチン道、始めます!(11)プロラクチン道、始めます!(12)プロラ...

無月経、やります!(7)

で、ラスト行きたいと思います。無月経の原因:⑥PCO高アンドロゲン血症を認める場合、もっとも頻度が高いのはPCO。その他腎機能低下、副腎過形成、クッシング症候群などでも起こりうる。PCOは破綻出血、稀発月経、無月経など様々な月経周期異常を呈する。北アメリカでは、その75%がobese PCOである。稀発月経になるのが76%、無月経を呈するのが24%。1990年のNIH/NICHHDのPCOの診断基準は、コンセンサスが得られてはいないが、(1)排...

無月経、やります!(6)

さて、大分佳境に入ってきました。ここから先はしょっちゅう見られる状態ですね。無月経の原因:④正常、または低FSHFSHが正常または低下していて慢性的な無排卵になる場合は、原因不明のことも多い。この場合「視床下部性無月経」か「PCO」という診断に至ることが多い。これらは共に(視床下部からの)Gn-RHパルスの異常で、周期的でなくなると「視床下部性」、周期が早くなったり増えると「PCO」という状態になる。「視床下部性無...

無月経、やります!(5)

続きで、今日の内容は「高プロラクチン血症」でもあります。高プロラクチン血症性無月経でも、主に下垂体腺腫の話です。無月経の原因:③プロラクチン上昇高プロラクチン血症は、エストロゲン低下と無月経または月経不順(稀発月経)と関連がある。血中プロラクチン濃度は、稀発月経に比べ、無月経で高い。持続的な高プロラクチン血症では、まず甲状腺機能低下症を考え、その後下垂体のMRIを行う。軽度にプロラクチンが上昇している...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター