Entries

武蔵境の『ウミの王子』!?

はい。そんなわけで、
その為の「いわクリ」です
し、
「私、取りますから」
なわけです。
(ご通院いただいていない方には何が何だかわからないと思いますが、直近ご来院いただいている方には、もう常識になったかと思っておるわけです。)




はい。
もちろん、外陰部周辺に「膿だまり(膿瘍)」ができてしまって、腫れて痛い場合も例外ではありません。
お気軽におっしゃってくださいね。
穿刺排膿(切開排膿)もお手の物でございます!
何たって、ドクターIも『ウミの王子』でございますから!

それにしても、小室さんは若き日のドクターIにそっくりの好青年だなぁ。
嗚呼!でも、彼は『の王子』ですが、ドクターIは『の王子』だった・・・・・orz

ま、そんなわけで、武蔵境の『膿の王子』、本日も熱血診療中でございます!www

「男性不妊の人工授精」、実は有効性は・・・(2)

はい。
そんなわけで、「原因不明不妊のステップアップ」はもとより「男性不妊」でさえも人工授精が妊娠率を上昇させるというエビデンスは、少なくとも今日現在全く無いわけです。

「タイミングでなかなか妊娠しないので、人工授精にステップアップしたいです!」
とか
「精子濃度が少し薄いので/運動率が悪いので、人工授精を試したいです!」
とか。
もう、なんか、残念な感じなわけです。
鴨がネギどころか土鍋までしょっている感じです。

そんなわけでこうして行われる人工授精、妊娠率を上昇させるという証明は全くなされていないわけです。
エビデンスが無い、ということは、おまじないのようなものでございまして。
儀式でございますな。
タイミングでやって、浮いたお金を水天宮にお賽銭していた方がよっぽどマシなわけです。
(いや、ドクターIにお賽銭してくれてもいいですよ!www)


昨日、
「コクランには『男性不妊は何すりゃいいのかわからん』と書いてある」
と紹介しましたが、NICEのガイドラインには、「男性不妊の人はこうしなさい」とちゃんと書いてあります
見てみましょう。
リンクは


です。
で、一番上、「Low sperm count or poor‑quality sperm(精子の数が少ないか質が悪い場合)」ですね。
こうあります。

If tests find that your sperm count is low or the sperm are poor quality, you and your partner should continue trying to conceive through regular, unprotected sexual intercourse because it is still possible for you to conceive naturally. After you have been trying for a total of 2 years (this can include 1 year of trying before you had your fertility tests) you may be offered in vitro fertilisation (IVF).
(精液検査の結果、精子の数が少ないか質が悪いと判明した場合、ご夫婦は引き続きタイミング療法を継続すべきである。なぜなら精子の数が少ないか質が悪いと判明しても自然妊娠する可能性があるからだ。結果的に2年間妊娠に至らなければ、体外受精を考慮しましょう。)

ね。
「人工授精をやりましょう」
なんてどこにも書かれてない
のよ。
イギリス進んでるなぁ。
日本で
「AIH??何それ??要らない要らないwww」
「その分、僕にお賽銭ちょうだい!」

なんて公言すると、逆に引かれちゃうもんね。(嗚呼、これはドクターIの口癖だったwww)
ちゃんと根拠があって言ってるのに、なかなか信じてもらえないもんね。

そんなわけで、
治療説明会で説明している「きちんとした性交渉」を行ってくださっている限り、例え精子濃度が多少薄かろうと、運動率が多少悪かろうと、まして「タイミングでなかなか妊娠しないので」などという理由で人工授精をやる必要性は無い!

逆に、治療説明会で説明している「性交渉」を持てないご夫婦は、人工授精を考えても良い。


これが僕の方針。
ああ、時代よ!そして常識よ!早く僕に追いついておくれ!www

「男性不妊の人工授精」、実は有効性は・・・(1)

(今日たまたま先ほど患者様とやり取りがあった内容をアップしておきます。)

そんなわけで、原因不明不妊の(いわゆる)「ステップアップ」(←僕、この言葉嫌い)としての人工授精の有効性は証明されておらず、NICEのガイドラインでは「should not be offered」と記載されているのだ、と紹介させていただきました。
その中でNICEのガイドラインを紹介させていただきましたが、その中に「a low sperm count or poor‑quality sperm」も「intrauterine insemination should not be offered」なわけです。
つまり、男性不妊(=精液検査で濃度が薄いとか、運動率が悪いとか)も人工授精で妊娠率が上昇するとは証明されていない、というわけです。

「ご主人様の精液検査の結果、ちょっとこのパラメーターが基準値以下です」
「なので、人工授精をやってみましょう」
「人工授精は精子を濃縮し、受精の場である卵管に精子を近づけますので」


これがダメだというわけです。

そうなんですね。
男性因子の人工授精、現在のエビデンスでは実は有効性は証明されていないのです。
コクランの2016年分です。


【自然周期でのタイミングv.s.人工授精】
IUI versus TI (five RCTs)Two RCTs compared IUI with TI in natural cycles. ・・・(中略)・・・. We found no evidence of a difference in pregnancy rates (2 RCTs, 62 couples: odds ratio (OR) 4.57, 95% confidence interval (CI) 0.21 to 102, very low quality evidence; there were no events in one of the studies).

【排卵誘発周期でのタイミングv.s.人工授精】
Three RCTs compared IUI with TI both in cycles with OH. We found no evidence of a difference in live birth rates (1 RCT, 81 couples: OR 0.89, 95% CI 0.30 to 2.59; low quality evidence) or pregnancy rates (3 RCTs, 202 couples: OR 1.51, 95% CI 0.74 to 3.07; I(2) = 11%, very low quality evidence).

【排卵誘発周期での人工授精v.s.自然周期でのタイミング】
One RCT compared IUI in cycles with OH with TI in natural cycles. We found no evidence of a difference in live birth rates (1 RCT, 44 couples: OR 3.14, 95% CI 0.12 to 81.35; very low quality evidence).

【排卵誘発周期での人工授精v.s.自然周期での人工授精】
IUI in cycles with OH versus IUI in natural cycles (five RCTs)We found no evidence of a difference in live birth rates (3 RCTs, 346 couples: OR 1.34, 95% CI 0.77 to 2.33; I(2) = 0%, very low quality evidence) and pregnancy rates (4 RCTs, 399 couples: OR 1.68, 95% CI 1.00 to 2.82; I(2) = 0%, very low quality evidence).

【IVFv.s.人工授精(自然周期または排卵誘発周期】
IVF versus IUI in natural cycles or cycles with OH (two RCTs)We found no evidence of a difference in live birth rates between IVF versus IUI in natural cycles (1 RCT, 53 couples: OR 0.77, 95% CI 0.25 to 2.35; low quality evidence) or IVF versus IUI in cycles with OH (2 RCTs, 86 couples: OR 1.03, 95% CI 0.43 to 2.45; I(2) = 0%, very low quality evidence).


しかしながら、
どのエビデンスも質が極めて低い。
「自然周期-人工授精 v.s. 排卵誘発周期-タイミング」、「IVF v.s. タイミング」「ICSI v.s. タイミング」「ICSI v.s. 人工授精」「ICSI v.s. IVF」のデーターが無い。
とも記載されておりまする。

まあ、結論も
We found insufficient evidence to determine whether there was any difference in safety and effectiveness between different treatments for male subfertility.
とのこと。
「男性不妊は何すりゃいいのかわからん」
だって!

そんなわけで、NICEのガイドラインに則ると、日本での人工授精の適応は、ほぼ唯一「性機能障害」のみというわけです。

日々数多く行われている人工授精、実はほとんど「おまじないレベル」だとしたら・・・・。

今度は「体外受精」の啓蒙資料!?

さて、「AIHの啓蒙資料」もまだfinal checkが済んでいないのですが、新たに「体外受精の啓蒙資料」を作り始めました。
体外受精(生殖補助医療)が必要なシーンは主に
  • 卵管因子
  • 男性因子
  • 年齢因子
なわけです。
それぞれ皆さん必要な理由(必要とする手技)が異なるので、「全員必ず低刺激」「全員必ず胚盤胞」「全員必ず凍結」とベルトコンベアー状にできる筈が無いわけです。
個人個人の状態によって必要な手技は当然異なってくるわけです。

で、皆さん個人個人が自分の状態を見つめ、
「自分にはどんなアシストが必要なのだろうか?」
というのを考察してもらうための資料を作ろうと思っています。
1ページ目はこんな感じ




嗚呼、また自ら仕事を増やしてしまった!!!orz
ま、高度経済成長期の熱血サラリーマン魂でキレッキレの仕事をするのが我がモットーですから!
完成にはしばしお時間下さい!

「人に喋る」ことの大事さ

「自分で思う」ことが沢山あるわけです。
やってみたいこと、やってもらいたいこと、こうなりたいなと思うことetc etc。
で、頭の中でぐるぐるぐるぐる考えるわけですが、どうにも悶々としてさっぱりしないことがあるわけです。
「内に秘めた思い」というヤツですな。

で、これを「他人に喋ってみる」事により、我ながら非常にスッキリしたり、あるいは新たにいいアイデアに気が付いたりすることがあります。
「他人に喋る」ということは、「他人を納得させる」必要があり、「説き伏せる」必要があるわけです。
すると、おのずから「悶々としていること」を「整然と」喋る必要が出てくるわけで、「整理しようと」喋っていると、「理屈・薀蓄」が必要になり、逆に自分が納得させられることもあるわけです。

「ああ、この悶々とした思いは、こういうことだったのか」

と。

そんなわけで、「誰かに喋ってみる」ってけっこういい。
自分の考え・アイデアが勝手に整理整頓される。
そして新たな何かが見えてくることがある。
「ああ、こうすればいいのか。」
って感じ。

居酒屋で隣の席に座った知らないおっちゃんに酔って熱弁振るった(?)経験もあるわけですが、そういうことなのかも知れませんwww。
でも、どうせなら、その分野の知識を持った人に聞いてもらうのがいいのでしょう。

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター