Entries

「YouTube版:妊活外来へようこそ!」第二弾!

【YouTube版:妊活外来へようこそ】STUDY 1-2「フーナーテスト(実践編)」完成!

段々動画作りも早くなってきましたwww



まだYouTubeの機能がよくわかってないので、どうやってお互いをリンクさせればいいのか?とかがわかりませんがwww。
ま、いつもの如く、「習うより慣れろ」で、そのうち、そのうち。

第三弾は、もう少し「フーナー」を掘り下げる予定ですので、お付き合いください。

「YouTube版:妊活外来へようこそ!」はじまるwww

さて、「妊活の啓蒙」をライフワークの一つと考えているドクター『I』、最初は「ホームページ」から開始しました。


当時は「ジオシティーズ」という、Yahooが提供していたHPがあり、そこで展開していました。
まあ、Yahooがジオシティーズを閉鎖したがごとく、情報提供の場として「ホームページ」というのは、まあ、オワコンと言っても異論は少ないと思います。

次いで用いたのが、本ブログ「ブログ版:妊活外来へようこそ!」でした。
まあ、しかしながら、世の流れとして、ブログ???というのも、まあ、もう、蛍の光状態ですわな。

で、現在、もっぱらTwitterを使っておりますが。

follow me!


Twitterは便利ですね。
でも如何せん「含ませる情報量」に限界があるのも事実。
(まあ、長文ツイートなんて興覚めですしね。)

で、時代は動画だね。
YouTube
これ。最強。

ということで、今後、妊活啓蒙活動、YouTubeで展開していこうかと。
で、その第一弾完成!



見てみてくださいwww。

今後第二弾、第三弾と作っていく予定です!
(・・・が、結構大変なのよ。ま、気長にお待ちくださいwww)

慢性子宮内膜炎の検査について

慢性子宮内膜炎、ネット上でも流行っています。
当院おかかりいただいている方で、特に「BCE」と呼ばれている検査を受けにどこかに行こうとお考えの方。

一度僕にも説明をさせてください。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

体外受精とビタミンD (2)

さて、今日はこちら。
で、体外受精を受けている方の、血中および卵胞液中のビタミンD濃度と体外受精の成績を見てみた、という論文。

んで、なんと、結果が下図。



この先生たちは、

Our results have shown that the vitamin D levels in the ff were negatively correlated to the quality of embryos and the higher values of vitamin D were associated with lower possibility to achieve pregnancy.

と述べています。
つまり、
卵胞液中のビタミンD濃度が高くなると、(逆に)胚質が悪くなり、妊娠率が低下する!
と言っています。

It appears that ff vitamin levels, out of the normal range, have a negative impact on the developmental capability of embryos.

正常範囲を越えてはだめだ、と。

つまり、モニタリングせずにサプリメント飲んで補っているだけでは逆効果になっている可能性がある、と。
まさに「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですね。

ということで、この論文は「赤」にしておきます。


follow me!


体外受精とビタミンD (1)

時間ができた時にアブストラクトを読んでみます。



【BACKGROUND】
  • ビタミンDとARTの成績は関連するともしないとも両論ある。
  • なので、メタアナリシスやってみた。

【RESULTS】
  • 9つのstudyが臨床的妊娠率を、さらには2個が妊娠継続率を、3個が出生率を解析していた。
  • 臨床的妊娠率ではRR 0.91, (95% CI 0.77-1.07)(有意差なし)
  • 妊娠継続率ではRR 1.06, (95% CI 0.95-1.19)(有意差なし)
  • 出生率ではRR 0.74, (95% CI 0.58-0.90)で有意差あり。

【CONCLUSIONS】
  • Deficient vitamin D was associated with decreased probability of live birth after IVF/ICSI.
  • So vitamin D should be supplied to women with deficient level vitamin D.

【感想】
ということで、この論文では、vit Dが「deficient level 」では「should be supplied」と書かれている。
ただし、「deficient level 」の人が「supplied」すれば出生率が上がるのかどうかで論じられているわけではないので、ちょっと「言い過ぎ」な感を受ける。
まあ、一応「青」とする。

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター